お風呂の入り方に注意

背中ニキビのを防ぐ方法として、最も有効な方法はお風呂の入り方を見直す事があげられます。
そもそも、背中ニキビの原因は通常のニキビ同様乾燥やストレスは勿論ですが、毛穴が詰まる汚れが大きな原因と言われています。洗顔は丁寧に行っている方でも、体を洗う時に特に綺麗に背中を洗っている方は少ないのではないでしょうか。
 
背中ニキビを悪化させる大きな原因の毛穴の汚れの中で、一番の原因となるのがシャンプーなどの流しのこしです。背中は元々皮脂の分泌が多く毛穴が多いとされています。
またお風呂に入る事によって毛穴が開く事から更に汚れが詰まりやすくなっています。その為、ここに汚れが入り込みやすいのです。
 
お風呂でシャンプーやトリートメントをするとき、流したお湯が背中にかかってしまいます。
ですので、毛穴の洗い残しを防ぐためにも体を洗う順番は髪を洗った後にする事が重要です。細かい事ですが、そうする事で、背中ニキビを防ぐ事に繋がります。
 
また、お風呂から出たら保湿をする事をお勧めします。背中に化粧水を塗る方は少ないかもしれませんが乾燥も大きな原因になります。保湿をすることで背中ニキビの予防ができます。
背中ニキビを本気で撃退したいと思っている方には、面倒に感じたとしても細かいケアを頑張って頂きたいと思います。